多汗症を防いでニオイ対策

多汗症とは人よりもたくさんの汗を多くの場面でかいてしまうという症状です。ただ汗をかくだけならまだよいのですが、多汗症の場合その汗がもとでワキガなどの臭いを出してしまうことがあるのが問題です。実際、多汗症の症状で悩んで医者などを訪れる人の多くは、多汗症の症状そのものよりもワキガなどの臭いに悩んでいることがほとんどです。
ワキガとは、わきの下にある汗腺から分泌される汗のためによって引き起こされる不快な臭いのことです。なぜわきの下で起こるのかというと、わきの下にはアポクリン腺という通常の体温調節をするだけの汗腺とは違った汗腺が多く存在しており、アポクリン腺で分泌される汗は他の汗と違ってベタつきなどを起こしやすいものになっています。また、わきの下は体の仕組み的に蒸れが起きやすく、これが雑菌を呼びこんで繁殖しやすい状況をつくりだしてしまうのです。
ワキガが不快であるのは、雑菌が繁殖して臭いのもとを作り出してしまうためです。ワキガと多汗症は関係がある症状ですが、多汗症の人が必ずワキガを発症しているかというとそういうわけでもありません。多汗症とはあくまでワキガ症状を助長するもので、それ自体が臭いの強い原因となっているわけではありません。
ワキガで悩む場合、まず多汗症の治療よりも先にわきの下のアポクリン腺の力を弱めるといった方法が先にとられます。そのためわきの下に外科手術などを施す場合もあります。ワキガは遺伝的要因も大きいので、悩む人は専門医の受診をおすすめします。